夫に内緒でカードローン

MENU

配偶者が金融ブラックでも申込める?

配偶者が過去に債務整理を行なった事がある場合や、既に消費者金融からお金を借りている場合でも場合によってはお金を借りる事が出来るのですが、全てはケースバイケースですから100%借入出来るとは断言出来ません。

配偶者が他に借入がある場合はその程度による

新規借入申込みを行なう場合、配偶者の信用情報もチェックしますが他社から少額の借入を行なっていたとしても、総量規制に引っ掛かる額でなければ問題ありません

 

しかし新規借入申込みを済ませようと思っている消費者金融で、配偶者が既に多額のお金を借りている場合などには、配偶者の借入状況が影響し借入が行えず申込みを行なったとしても審査で落とされてしまう可能性が十分に考えられます。

配偶者が金融ブラックだと審査はちょっと厳しい

配偶者が金融ブラックとなっている場合は、審査で落とされる可能性は更に高まります。金融ブラックとなっている間は優良消費者金融では融資を受けられないことがほとんどです。

 

配偶者の収入を頼りにした生活をしている方が借入申込みを行なう場合、申込みを行なった者だけでなく配偶者の信用情報も照会しますから配偶者が金融ブラックとなっている場合は、申込みを行なう本人が金融ブラックでない場合でも審査で落とされる可能性が高まります。

 

このような場合、お金を借りられない状況がずっと続いてしまうのか?と言うとそういうわけではなく、信用情報機関に登録されている事故情報の履歴が削除されればきちんと審査してもらう事が出来るようになります。

 

その情報が消えるまでには債務整理を行なってから3年から最長で10年程度は掛かってしまいます。配偶者に債務整理歴がある場合はその間、お金が借りられないものだと思って生活すると良いでしょう。