夫に内緒でカードローン

MENU

専業主婦としては離婚後の資金繰りも考えておきたい

専業主婦が離婚してしまった場合、たいていは子どもを抱えて働き口を探すということになります。採用先は必ず子どもが病気になった場合の預け先を聞いてくるので実家の助けは不可欠と思います。

就業先の近くに引っ越す事が必須

働くならすぐ実家の近くに引っ越すべきでしょう。子供に掛かる時間が減少しない為にも通勤時間を減らすと言う事を心がけないといけません。

親と同居するというのも一つの手段

経済的負担を考慮して親と同居するという方法もあります。同居で食費などを支払っても家事を分担できますし、相互援助で無駄な時間・費用を減らす事ができます

働くには年齢も重要なポイント

年齢も大きなポイントです。現在は労働基準法の改正で、求人は年齢不問という記載が多くなりましたが、実際は書類選考の段階で年齢のみで厳しくふるいにかけられます。離婚の決断が早ければ早いほど、希望の職種につける可能性が高くなります。

可能性のある限り面接を受ける

後は給与面よりも働ける時間帯や日数を熟慮し、受けられるだけたくさん受けてみるといいと思います。仕事をしていないブランク期間が長くても、今までの経験をプラスに受け止めてくれる企業があるかもしれないし、それは実際に面接してみないと分からないことだからです。

需要の多い業種を探す

需要の多い業種を探す事により、少ない業種よりも職に就ける可能性は高まります。需要の多い業種としては、

  • 教育関係
  • 介護職

などがあります。

専業主婦であれば飲食も有利

専業主婦であったことが経験として認められる職業だと思うからです。また、レストランやファーストフードのキッチンなどの調理系も、包丁の扱いに慣れている元主婦向きの職種だと思います。

 

それに、それまでどのような経歴をたどってきたとしても、働きたいという真面目な気持ちと熱意さえ持っていれば働けないということはないと思います。採用面接に落ちたとしてもあきらめずに前向きに次に臨んでいれば、必ずいい仕事との出会いがあると思います。