夫に内緒でカードローン

MENU

なるべくカードローンを使わないよう食費と贅沢費を抑える

なるべくカードローンを使わない為に主婦として節約できる部分は限られていますが、やはり一番節約できるのは食費ではないでしょうか?

食費を節約する知恵

私も食費を節約するために色々工夫していますが、食費について節約を心掛けるようになってから、以前と比べて1万円以上は食費を抑えられるようになっていると思います。

 

まず近所のスーパーをじっくり調べてそれぞれの値段の底値を調べます。スーパーによって火曜日が生鮮食品の安売りをしていたり、水曜日は卵が安かったりと様々な特色を出してきています。

 

そこでどのスーパーでどの曜日にどんなものが安売りされているのかを調べ、うまくスーパーをはしごすると、かなり安く食材を手に入れることができるのです。また、賞味期限がせまっているものや野菜や果物でしおれてしまったりしているものは2割引きなどされて店頭に並んでいます。

 

時間帯では早朝や夕方に割引商品が並ぶのでそういったものを購入すると驚くほど安く買えます。賞味期限がせまっていてもたいていのものは冷凍保存できるので全く問題はありません。

贅沢費を抑える知識

次に贅沢費も大幅に節約できる項目だと思います。贅沢費で最も多くお金がかかっているのは外食費でしょう。外食はなるべく控えるとすぐにお金に余裕がでてきます。どうしても毎日の食事に飽きてしまった場合は、比較的安く済むランチを活用するスーパーなどの惣菜を利用するなどの方法がおすすめです。

 

またカルディや無印良品などにおいてある、タイ料理などのあまり自分で調理できない調理済み食品や缶詰などは、安くてかなり本格的な味がするのでこちらも気分転換にお薦めです。